谷村美月さんを応援するブログ
このブログは谷村美月さんを応援するブログです。 映画・テレビ・雑誌・イベント等、谷村さんに関する様々な情報を配信します。
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の谷村美月さん 2007/5/24(木)
5/24(木)
木曜劇場『わたしたちの教科書』第七話(フジテレビジョン/関西テレビ) 22:00~22:54
フジテレビジョン系列で放送。
  珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校の体育教師・戸板(大倉孝二)から、明日香(志田未来)の元担任だという三澤亜紀子(市川実和子)に関する情報を得る。 戸板によれば、亜紀子は病気を理由に休職したことになっているが、実は副校長の雨木(風吹ジュン)との間にトラブルもあったらしい。その際、亜紀子のス ナップ写真を手に入れた珠子は、写真の片隅に焼け焦げた小さなぬいぐるみが写っていることに気付き、不審を抱く。

  同じころ、直之(谷原章介)は、部下の宇田(前川泰之)をともなって喜里丘中学校を訪れていた。珠子が訴訟を起こしてくると確信していた直之は、それに備 えるために教師たちから事情を聞こうとやってきたのだ。耕平(伊藤淳史)や早紀(真木よう子)、八幡(水嶋ヒロ)らと個別に面談して、事件が起きた当日の ようすを調査する直之たち。早紀は、明日香の死はあくまでも事故であり、未然に防ぐことはできなかった、と直之に断言した。一方、耕平は、いじめの存在と 自らの落ち度を認めたことを、珠子がボイスレコーダーで録音していることを直之に伝える。直之は、珠子がそれを証拠として裁判所に提出し、証人として出廷 するよう請求してくるだろうと耕平に告げるとともに、耕平を被告のひとりとして訴える可能性もあることを示唆する。

 明日香が暮らしていた児童養護施設を訪れた珠子は、職員の西原(高田聖子)に亜紀子のことを尋ねるが、有益な情報を得ることはできなかった。が、その際、珠子は、渡し忘れた明日香の持ち物だといって質札を手渡される。どうやら明日香は、質店からお金を借りていたらしい。

 そんな中、珠子は、戸板とともに亜紀子の家を訪ねる。しかし亜紀子は、明日香の事件にまるで無関心だった。
公式サイト第七話予告より
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitsukitanimura.blog97.fc2.com/tb.php/184-f41ba0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。