谷村美月さんを応援するブログ
このブログは谷村美月さんを応援するブログです。 映画・テレビ・雑誌・イベント等、谷村さんに関する様々な情報を配信します。
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の谷村美月さん 2007年6月14日(木)
わたしたちの教科書』第十話
フジテレビ系列で22時から22時54分まで放送。
以下、公式サイトより第十話予告。



 珠子(菅野美穂)は、証人として法廷に立った喜里丘中学校の国語教師・熊沢(佐藤二朗)から、学校内でいじめがあるという証言を得る。傍聴人席でそれを見ていた耕平(伊藤淳史)早紀(真木よう子)は、動揺を隠せなかった。


 あらかじめこうした事態も予測していた直之(谷原章介)は、戦略を変えようと副校長の雨木(風吹ジュン)に提案した。それは、学校内でいじめがあったことは認めながらも、明日香(志田未来)の死はあくまでも転落事故であると主張するというものだった。しかし雨木は、学校内にいじめはなかったという主張は変えない、と譲らなかった。雨木は、重要なのはこの裁判に勝つことではなく、学校と、残った生徒を守ることだ、と直之に告げる。


 法廷を後にしようとしていた珠子の前に、兼良陸(冨浦智嗣)の母・由香里(渡辺典子)が 現れる。由香里は、裁判のせいで陸がひどく傷つけられたと珠子を非難すると、法廷の場で本人の口から無実を証言させる、と言い出す。珠子は、今回の訴訟は あくまでも学校側の管理責任を問うものであり、生徒を巻き込むつもりはない、と由香里を説得しようとした。しかし由香里は、珠子の言葉にまったく耳を貸そ うとともせず、陸を証人として法廷に立たせたい、と直之に申し出てしまう。


 珠子は、直之に会い、兼良陸を証人申請したことを非難する。しかし直之は、珠子が母親としてこの裁判を戦っているように、由香里もまた子どもをかけた戦いをしているのだから降りるはずがない、と珠子に告げる。


 そんな折、熊沢は、加寿子(鈴木かすみ)がいじめに遭っている可能性があることをこっそり耕平に伝える。耕平は、加寿子の携帯電話に連絡を入れた。すると、その電話に出たのは珠子だった。


 同じころ、朋美(谷村美月)は、学校近くの道で不審な男を目撃する。それは、雨木の息子・音也(五十嵐隼士)だった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mitsukitanimura.blog97.fc2.com/tb.php/234-d896213a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。